羅紗染 六久(らしゃぞめ むく)

日本の伝統色 羅紗染色

織彩色舞(しきさいしきぶ) 設定

大坂に棲う悪名高き九尾狐。 
群雄割拠の戦国時代に生まれた武家の女性の成れの果て。
その風貌から不幸を呼ぶと忌み嫌われている。
嫉妬深いうえに独占欲が強い。
戀による嫉妬で胸を焼き焦がす女性に取り憑き、嫉妬や怒りの念を喰らい妖力にする。